ユキダル君
- 2005/11/02(Wed) -
<2005.4.20(水)>

時間よりチョット早めにロビーに下りてくと、既にツアコンの“ケントさん”が佇んでおりました。
まだ外は暗いというのに、ご苦労様(笑)

私達の他に、あと二人、同じホテルにいるという。しかし時間になっても現れない。
暫くすると二人が現れたのだが、挨拶もなければ、謝りの言葉も無し。
嫌な感じだ・・・ふんっ。


飛行機は帰りもN●。
帰りの便は、日本経由NY行きと言う事もあり、より無国籍状態(゚o゚)

私達の席は中央の4つ席、左通路側が私、その隣がジェシー。
前の列の右2席にチャイニーズ系の老齢なご夫婦。
右端に座るご主人の方が、飛行機に乗り込んでから、ズーーーッと嫌な堰をしっぱなし(ーー;)
途中から奥さんが左端に移ってしまうくらい(゚o゚)

  何の病気なのぉぉぉ(T_T)

しかし本来、左端の席のニイチャンが来て、シッシッと右に追いやられる(~_~;)
あまりに酷い状態だったからか、ご主人は何処かへ連行されて行きました(ほっ)


出発直前になって本来空いていたジェシーの隣の席に、こちらもチャイニーズ系(?)女性が
大きなナイロンのスポーツバッグを抱えて移動してきた。
すると、そのバッグから赤ん坊くらいの大きさのヌイグルミ(人形?)を取り出し、ジェシーの
隣の席に座らせシートベルトを着ける。

  エェーーーッ!?!?

白いタオル地っぽい質感のソレ(仮名:ユキダル君)は、可愛がり過ぎたのか、若干くたびれた色。
ハッキリ思い出せないが、赤っぽい服を着てた模様。
目や口は、近づかないと見えないくらい、微かにあるような、ないような(ーー;)
そして何故か、ゴディバのリボンが、アゴから頭のてっぺんに向かって結ばれているのだが
大きなユキダル君の頭には少々長さが足りず、いっぱいいっぱいで蝶々結び(苦笑)

離陸を前に、女性はコチラに聞こえないくらい小さな声で、ユキダル君に話し掛けている。

私とジェシーの意識は、思いっきりユキダル君に注がれていたが、直視出来ず。
飛行機も恐いが、隣も恐い(T_T)
必死に目を閉じ『赤メガネ☆! 寝てしまえ!』と唱えるも・・・

  寝れませんからっ!

そんな私の気持ちを、またもや他所に、飛行機は無事離陸。
さて機内食だ(笑)
なるべく横を見ないように、食べていたのだが・・・

  ヒョエーーーッ!

女性がユキダル君にご飯を食べさせております(驚)
スプーンによそったモノを、まずユキダル君の口元に持っていき、『美味しい?』みたいな
言葉をかけた後、自分で食べる。
ソレが一回事に繰り広げられている。

おっ!? お茶も飲ませています!

もう限界です・・・助けて下さい・・・彼女に何があったのでしょうか(T_T)


そんなこんなの時間を過ごした後、飛行機は日本の空域に入ってまいりました。
その途端・・・

  ガタガタガタッ。

飛行機って横に揺れるんでしたっけ?

 ドワーンドワーンドワーン。

雲の上でバウンドですか???

この日は、福井県だかで、屋根が飛んでニュースになった程の強風が吹き荒れていたのでした。

 イヤァーーーッ(T○T)

無事着陸した時には、パイロットを抱きしめてあげたい気持ちの赤メガネ☆でした。


グッタリ・ゲンナリな気分で、荷物をピックアップし、ゲートを出るとフラッシュの嵐。
そんな出迎えを受ける覚えはありませんが・・・

  何事(゚o゚)???

どうやらスターが来日。
ネエチャン達が2~300人くらいでしょうか?(もっとか?)
そのスターとは・・・グウォン・サンウ
実は私、この時、彼の事を良く知らなかった(~_~;)
彼を見るよりも、このネエチャン達から逃れるほうが、その時は大事でした(苦笑)
急いで、その場を離れると、数分後、キャーッと言う黄色い声が響き渡りました。

一休みした後、成田エクスプレスに乗り込みました。
この時点で、私の所持金は二千円チョット(~_~;)
ジェシーが、『何かあるといけないから貸します』と言ってくれた。
しかし・・・何だか、その貧乏っぷりが楽しくなってきた、少々壊れぎみの私。
疲れと寝不足で、かなりハイだった\(@○@)/
申し出を丁重に断り、この二千円チョットをどう使うか考え出す(笑)

横浜でジェシーと別れ、重たい荷物を抱えながら、ST線で最寄駅へ。
お腹が空いたので、おにぎりを購入し、タクシーで帰宅。
二千円・・・余裕じゃん(笑)

おわり。

スポンサーサイト
この記事のURL | 香港② | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ワトソンズ
- 2005/11/01(Tue) -
<2005.4.19(火)>

今日はホテル徒歩圏で行ける距離の所でウロウロしていた。
日差し:油麻地 今日も天気が良いねぇ。
 つーか、眩しすぎだぜ(~_~;)

 ブロードウェイ・シネマティークのマックでランチ。

 敷地内を通り過ぎる人。
 マッタリ日陰で休む人。
 さまざまな国の人々をウォッチング。
 飽きないねぇ。

油麻地の地下鉄入り口で一服していると、近くで中近東系(?)のバックパッカー風ニイチャンが
地図を広げて何やら思案中。
いやぁ~な予感(--;)
するとニイチャンが近づいてきた!

  来たぁーーー!

また道を聞かれるのかと思ったら『写真撮って』とな・・・ほっ。
『OK!』とデジカメを受け取り、画面を覗くと、笑顔のニイチャンの後ろは何の変哲もないビル。

  赤メガネ☆:『このアングルで良いの?』
  ニイチャン:後ろを振り返り『!?』

そこで、そのビルの隣の、チョッピリ赤や金の色合いの店の前に移動。
無事、撮り終え、デジカメを返すと・・・

  ニイチャン:『ところで、コノ道なんだけど・・・』

あら、やっぱり道を聞かれたよ(~_~;)
旅行者だから分かんないんだよと言って、お互い笑顔で別れました(笑)

プラプラしながらワトソンズへ。
お土産を物色していると、店のネエチャン(A)が、何やら片手に近づく。
目元のジェルだったのだが、必死に説明を開始。
しかし広東語が分からない私が、ポカーンと聞いてると『ちょっと待ってて』と何処かへ。
そこにネエチャン(B)登場。

  ネエチャンB:『中国人?』
  赤メガネ☆ :『えっ!? 日本人だけど・・・』
  ネエチャンB:『じゃあ、英語わかる?』
  赤メガネ☆ :『ちょっとだけね(広東語よりは)』

そこへ、ネエチャンAがジェルの箱を手に戻って来て『側面に英語で使い方書いてあるから』と。
そんなネエチャンAに、ネエチャンBが、『英語分かんないんだって』と言って、身振り手振りで
私にジェルの説明を始めた。
朝と晩にチョコッと塗ると、プルプルになるらしい。
99HKドル・・・ま、いっか(笑)

コレ頂戴と言った後も、ネエチャンBが話し掛けてくる。

  ネエチャンB:『広東語も英語も分からなくて、香港にいる間、買い物とかどうしてるの?』
  赤メガネ☆ :『・・・』(カタコトでも買い物できてるじゃん!)
  ネエチャンB:『香港と日本の違いって何?』

・・・だから話せないっていってるじゃん(涙)

  赤メガネ☆ :『トイレ?』
  ネエチャンB:『あぁ、やっぱりソレって大事?』
  赤メガネ☆ :『そりゃあ、大事だよ!』

  ネエチャンB:『私、日本語知ってるよ・・・“コンバンハ”』

・・・今は昼間だよ(~_~;)

  赤メガネ☆ :『コンバンハは夜に言うんだよ。昼間は“コンニチハ”』
  ネエチャンB:『おぉ、コンニチハ!』

・・・楽しそうだなぁ、ネエチャン(苦笑)

  ネエチャンB:『どれくらい香港にいるの?』
  赤メガネ☆ :『明日、帰るよ』
  ネエチャンB:『わぁー、じゃあ残りを楽しまなくっちゃ!』

・・・あ、ありがとよ、ネエチャン(笑)

やっと開放され、ジェシーと合流(~_~;)
『楽しそうに話してたね。側にいっちゃいけないって思ったよ』ってジェシー・・・おいおい。

会計を終えて出口に向かいながら振り向くと、ネエチャンBが笑顔で手を振っていたので
私も振り返すと、ジェシーが『友達?』と・・・(--;)

マンゴープリン:許留山 
さて、おやつの時間だ(笑)
写真撮る前に、一口食べちゃった(汗)
つーか店内、寒すぎなんですけど(涙)

亀ゼリーも気になったんですが
口に合わなかった時に、残しちゃうと
悪いかなって、お持ち帰りにしました。



取り合えず、ホテルに戻って一休み。


ホテルで一休みした後、再び外出。
途中、康寧牛[女乃]公司で、ミルクプリンと卵プリンをテイクアウトし、片手にプラプラと
女人街・スニーカー街を歩く。
戻り際にスーパーで、お買い物。
お土産に、出前一丁やら鴛鴦茶やら[女乃]茶やらを購入(^^ゞ
スーパーの荷物を抱え、ホテルに戻る。

さて、夕飯だ(笑)
しかし、ジェシーは既に香港満喫状態で、少々お疲れモード(~_~;)
つー事でホテル並びの珈[口厘]大王に入った。

ジェシーはエビカレー、私はネギエビカレーを注文。

  エビカレー   :普通(但しジェシーには辛い)
  ネギエビカレー:クリーミー・・・てか甘っ!

そこで・・・

  赤メガネ☆:エビカレーを食べる
  ジェシー  :エビカレーとネギエビカレーを混ぜて食べる

  ナイスアイデア!(爆)

ホテルに戻り、パッキングの第一弾を開始(笑)
そしてスッカリ忘れてた、プリンと亀ゼリーを食す(苦笑)
  
  プリン  :美味い!
  亀ゼリー:意外と食べれる(ぷぷっ)

明日は早朝の出発の為、変わりばんこにシャワーを浴びて、残りのパッキング。

コイン 
 ジェシーは疲れきって軽く寝ていたが
 私は朝までパッチリ起きたまま(~_~;)

 出来れば、苦手な飛行機の中で
 眠ってしまいたかったので(涙)

 ←こちらはジェシーが並べたチップ(笑)



つづく・・・。

この記事のURL | 香港② | CM(12) | TB(0) | ▲ top
ツルツル
- 2005/10/31(Mon) -
<2005.4.18(月)夜>

今宵は海鮮で喜記炒蟹專家に。

カニ:喜記炒蟹專家 とってもスパイシーな蟹さん!


 うまっ!!!


 手はベトベト、口の周りはテカテカになりながら
 二人して無言でムシャブリつきました(笑)

グースのせ麺:喜記炒蟹專家 
 こちらはグース(?)が乗った麺。

 美味しいねぇ(^^)

 しかし、二人だと色々なモノが頼めず
 残念だ(~_~;)


ココは芸能人が良く訪れていて、壁にたくさんの色紙&写真が飾ってあった。
常盤ちゃん、ココにも来たんだね。

お腹満足状態で、プラプラと銅鑼灣方面へ歩いていると、天使を発見。
店先のワゴンのマニキュアをお土産にと物色(^^ゞ
すると店のネエチャンが、肌の古い角質を取り除くジェルを勧めてきた。
自分の手の甲と、私・ジェシーの手の甲にジェルをおき、軽く擦ってみろと自分自身もスリスリ。
そして拭き取った後・・・

  ネエチャン:『シュルシュル』
  赤メガネ☆:『・・・えっ!?』

ネエチャンは何度も『シュルシュル』を連呼。
どうやら、このジェルを使った後は、肌が“スルスル”になると教えたかった模様(笑)
そこで・・・

  赤メガネ☆:『スルスルじゃなくて、ツルツルだよ』
  ネエチャン:『Oh! チュルチュル!』

私とジェシー・・・爆笑!(←心の中でね)

まぁ、シュルシュルより、チュルチュルの方が可愛かったので、それでOKと言っておいた。
(ぷぷっ)

その後、そごうへ行くと、ジェシー愛用のパンツが売っていた。
それまで異国の人々との接触を、必要以上に避けていたジェシーが試着をすると言う(驚)

試着を終えて出てきたジェシー。
側に寄る店員のネエチャン。
ジェシー固まる。

  オイッ!

ネエチャンは困った顔をしてるし、ジェシーは固まったままだし(ーー;)

  赤メガネ☆:『どうするの? 買うの? 買わないの?』
  ジェシー :『買う(ぼそっ)』
  赤メガネ☆:『(ネエチャンに向かって)これ頂戴!』

ジェシーよ、いつまでたっても買えないぞ(苦笑)
しかもテンパって、試着室に天使で買ったモノを置き去りにするし(~_~;)
(↑ ちゃんと手元に戻ってきましたから)


今日は、昨日ゲットしたメトロ1日フリーパスで移動していた。
そういえば、昨日、地下鉄の券売機前で、お孫さんを連れたバアチャン(と思われる)に
切符の買い方を聞かれた(苦笑)
子供の切符はどこを押すのか聞かれたのだが、私も分からなかった(汗)
ごめんよ、バアチャン・・・お達者で(涙)


つづく・・・。

この記事のURL | 香港② | CM(12) | TB(0) | ▲ top
トイレ
- 2005/10/30(Sun) -
<2005.4.18(月)>

だんだん朝、起きる時間が遅くなってきた今日この頃(苦笑)
旺角へ向かって歩いているとマック発見!
入り口にケリー・チャンのデカデカポスターが貼ってあり、誘われるままに中へ(笑)
ココはマックだけでなく、いくつかの店が入ってて、中央のテーブルで好き勝手に食べている。
マックも、マックカフェが併設されていた。
日本にもあるのかな?
折角なので、マックカフェで朝食(^^ゞ
その後、店員のオバチャンにトイレの場所を聞くと『鍵が必要なのよね』と言ってる所で
『あ、アノ人に付いて行って!』と少し離れた所を歩くネエチャンを指差された。
どうやら鍵を持ってトイレに向かっていたネエチャン。
着いて行くと、事情を知らないネエチャンが、トイレの前で振り返り『何?』みたいな感じ。
そりゃそうだよね。不審だわな(~_~;)
トイレに行きたいんだよって雰囲気を醸し出し、何とか鍵を開けて貰った(笑)

またまた駅に向かって歩き出し、両替する為に銀行へ。
最初に入った銀行では、行員のオバチャンに『両替したい』と言ったら『ここに並んで』と
ズラーッと並んだ列に連れて行かれた。
しつこく何か話し掛けられたのだが、全然わからない(T_T)
しかも凄く時間がかかりそうだったので、オバチャンが離れた隙に、お隣の銀行へダッシュ!
ソコでは、その場で両替終了!!!
なんだったんだ、さっきの所は?

地下鉄で佐敦へ。

裕華國産百貨でお土産探しの後、翠華餐廳でレモンティーを飲む。

レモンティー:翠華餐廳 はい! レモンたっぷりです(爆)

 ココでも、またまたトイレでビックリ。
 レジのオバチャンに場所を聞くと、無言で
 鍵を渡され、場所を指差された。
 しかも鍵には直径20センチくらいの
 タッパのフタが、輪ゴムで繋がっていた。

 しかも濡れてる(T_T)

場所は厨房の横だし、中にはロックが無い。鍵がなければ開かないとはいえ落ち着かない!

チョッピリどよ~んとしながら、再度地下鉄で灣仔に向かう。
コンビニやら本屋やらを覗きながら、英皇集団中心へ。
ココはジャッキー・チェンの事務所があり、ショップもあるとの事で、面白半分に行ったのだが
思いっきりアイドル系のグッズばかりで、ジャッキーはウインドーにフィギュアが一体だけ(苦笑)

歩き疲れたので、檀島珈琲餅店でエッグタルトをパクリ(^^)

エッグタルト&カフェオレ:檀島珈琲餅店 
 甘くて、おいしぃ~!

 この写真をケータイで撮っていると
 店のオジチャンが一人覗き込んできたので
 写真を見せてあげてると・・・
 ワラワラと周りにいたオジチャン達が
 集まって来て、取り囲まれた(汗)


さて、夕飯だ(←食べてばっかりだな 笑)

つづく・・・。

この記事のURL | 香港② | CM(16) | TB(0) | ▲ top
スッパ辛
- 2005/10/29(Sat) -
<2005.4.17(日)夜>

夕飯は“スッパ辛い麺”を食べに行きました。
ココは香港在住Gardenさんオススメの店。

スッパ辛い麺 もやしタップリ! 麺は米綫。
 オーダー時に、酸っぱさ・辛さ・トッピングが
 選べます。

 しかし、そんなコトを知らなかった私達。
 『コレとコレ』とオーダーしたまでは良かったが
 オバチャンに『辛さは? スッパさは?』と
 聞かれ大慌て(爆)


そんなドタバタはあったが・・・

 美味しいっ!

私達の隣には2人のニイチャンが座っていたのですが、暫くするとカップルが合流。
カップルのネエチャンは来たはいいけど、何も頼まない。
しかも常にケータイをいじってて、店を出たり入ったり・・・。

  忙しないんですけど(ーー;)

お腹も満足でネイザンロードへ。

夜景:ネイザンロード 夜景:ネイザンロード

夜景:ネイザンロード ネオンがハデハデだねぇ(~_~;)
 取り合えず、デジカメでパシャリ!

 すると、どこの国の方なのか分からないネエチャンに
 どこの国か分からない言葉で道を聞かれた模様(汗)
 ただ単に道端でガヤガヤしてて、聞き取れなかっただけ
 なのかも知れないんだけど・・・。
 とにかく身振り手振りで、まくし立てるネエチャン。
 片手に何か紙を持っていたので、地図か?と覗き込むと
 慌てて“これは関係ないよ”って感じで後ろ手に隠す。
 訳分かりませんから(゚.゚)

 
 まったく意思の疎通が取れないまま、ネエチャンは夜の闇に消えて行きました(ーー;)


その夜、ホテルにツアコンのグレースさんから電話がありました。

  グレースさん:『ツアーに参加してませんよね?
           明日、同じツアーがあるので行きませんか?』
  赤メガネ☆ :『昨日、ピークとか自分達で行って来たんですけど。』
  グレースさん:『今日、デモとかあったから怖いでしょ?』
  赤メガネ☆ :『だから今日は香港島の方には行かなかったんですけど。』
  グレースさん:『それ正解!』

つーか、それは最初に伝えておくモノなのではないのですか?
暫くの間、しつこく誘われたのですが、キッパリお断りいたしました!

つづく・・・。


この記事のURL | 香港② | CM(20) | TB(1) | ▲ top
| メイン | 次ページ